• G+
Vol7

Vol7. 人気が復活しているガラケー



スマートフォンが携帯電話の販売で中心となってから数年が経ちます。1年に数回、毎年のように新しい製品が発売され、携帯電話ショップや家電量販店などでは何十台もの製品が展示されるようになりました。その反面、それまで販売の中心だったフィーチャーフォンは新しい製品の登場が少なくなり、店頭でも数台しか見かけないようになりました。買い取りでは逆に、スマートフォンに買い換えて不要になったためか、一時期は多くなりましたね。このまま無くなってしまうのかと思っていたところ、最近になってガラケーの人気が復活し、新しい製品が登場するようになりました。業界大手のドコモでは昨年の春と秋モデルとして4製品が販売されています。私も機種変更をしてスマートフォンだけを使っていた時期があり、電話ができたりインターネットに接続して様々な情報を得られたりできて便利に感じていましたが、画面が大きい製品になるとズボンのポケットに入りにくくなりました。バッテリーの性能も改善されましたが、それでも残量のチェックはかかせません。通話するときに片手だけで操作ができないことなども不便に感じ、通話については以前使っていたフィーチャーフォンを復活させ、スマートフォンはデータ通信のプランに変更しPDAのように使っています。同じように不便と考えてフィーチャーフォンに戻る方が増えたためか、スマートフォンを買い取りに出す方が増えていますね。中古でのフィーチャーフォンの需要も再び増えていて、当店の携帯ファクトリーでも買い取りを強化しております。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧