• G+
Vol5. 防水機能があっても注意が必要ですよ

Vol5. 防水機能があっても注意が必要ですよ



携帯電話は外へ持ち運んで使用することが多いもの。会社や学校、買い物にレジャーへ、様々な場所へズボンのポケットやバッグなどに入れて持ち運び使用します。様々なシーンで活躍する携帯電話ですが、電気製品ですから他の家電製品と同じように水には弱く、防水機能が無い製品を使っていてにわか雨などに遭い、内部に浸水して故障した経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。こういった場合の故障だと、メーカーで修理が出来ないことや、買い取りに出して断られることがありますし、当店でも買い取りをお断りしたこともございます。そういった故障が多いためにメーカーでも防水機能の搭載や向上に力を入れていて、最近の製品では多くのものが防水機能を搭載しています。突然のにわか雨などで軽く水に濡れたくらいでは問題無く動作するほどその性能は年々進化していて、現在はIPX5/8と呼ばれている規格を採用している製品が多いようです。この規格は、かなり強い噴流をあらゆる方向から当てる、常温の水道水の深さ1.5メートルのところへ30分沈めておいた後でも動作するもので、普通に持ち運び使用するには十分な性能です。だからといって、海でサーフィンやダイビングをするなどの使い方をすれば浸水することがありますし、イヤフォンやMicroUSB端子などのキャップをきちんと閉めていなかった場合では内部に浸水してしまいます。大事な携帯電話の内部に浸水させてしまい、修理ができない、買い取りに出せないことにならないよう、防水機能があっても注意が必要ですよ。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧